course

Se a vida e (サヴィダエ) ヒプノセラピー スクール 東京
10日間プロのセラピスト養成コース(資格取得)

詳しく見る

~私が考えるヒプノセラピー(前世療法・退行催眠)とは~

こんにちは、東京 で ヒプノセラピーを教えている ヒプノセラピスト Se a vida e(サヴィダエ)代表 岩丸貴子です。

ヒプノセラピーとは直訳すると「催眠療法」です。

催眠療法と聞くと、なんだか胡散臭く聞こえるかもしれません。ですが ヒプノセラピー(前世療法・退行催眠)は、誰しもがもっている潜在能力にアクセスすることができる素晴らしい療法です。

クライアントさまは、ひとりとして同じお悩みを抱えていらっしゃるわけではありません。ですので私たちヒプノセラピストは、クライアントさまおひとりおひとりに合ったオーダーメイドのセラピーを行います。クライアントさまが抱えていらっしゃる問題に一番関係のある前世の世界へと軸を超えた旅を体験して頂きます。そしてそこで学びを得ることで、直面している問題の解決となる糸口を掴むのです。
前世への旅は、ひとつではありません。「仕事がうまくいかない」ときに役立つ前世、「恋人と喧嘩をしてしまった」ときに役立つ前世、と様々です。

それではどうやって、現在抱えているお悩みに適した前世へと導くのか。それはラポール(セラピストとクライアントさまの信頼関係)が重要な鍵となります。セラピストが心を閉ざしていては、クライアントさまはいつまでも本音を語っては頂けません。まずラポールをしっかりと築くところからヒプノセラピーは始まるのです。 ラポールが築けたら、直面しているお悩みを聞きだしますが、表面上にある問題を解決させるだけでは、本当にお悩みを解決したわけではありません。なぜなら、今回の問題は解決したとしても、この先、同じことでお悩みになり得るからです。

TOPICS
2015.01.21ヒプノセラピー 東京(プロ養成)スクール開講

top

ワギニスムス(性交痛・未完成婚)
の不安は、もう手離しましょう

詳しく見る

私たちヒプノセラピストは、お悩みの根幹を聞きだします。そうするとクライアントさまは「あれ?この事に拘っていたけれど、こっちの方が問題だぞ」と気づかれるのです。

お悩みの根幹が判明するまで、Se a vida e(サヴィダエ)ヒプノセラピー スクール 東京では、カウンセリングにお時間を要します。間違ったところにアクセスして前世療法をしても、何の意味もないからです。

Se a vida e(サヴィダエ)ヒプノセラピー スクール 東京では、表面だけのセラピーではなく、問題の根幹まで掘り下げたカウンセリングをします。時にはカウンセリングだけで解決してしまう問題もあるのです。それほど、カウンセリングとは大切なのです。

私たちの潜在意識は無限にあります。そこにアクセスするためには、催眠状態になって頂くわけですが、催眠に入っても言いたくない事は言いませんし、自分から催眠から覚めることも可能なのです。催眠状態に誘導するのがヒプノセラピストの役目ですが、主導権はクライアントさまにあるのです。
その無限にある潜在意識を駆使すれば、あらゆるお悩みは解決する糸口となり、癒されます。ヒプノセラピー(前世療法・退行催眠)の素晴らしいところは「癒し」が存在する事です。

about

Se a vida é(サヴィダエ) ヒプノセラピー スクール 東京とは
心理学の知識・技法を用いて、クライアント様の心の状態を判断し、
問題解決に導くためのお手伝いをします。

詳しく見る

突然ですが、心を抱きしめてほしい、と思ったことはありませんか?

ヒプノセラピストはクライアントさまの身体を抱きしめる事はできませんが、クライアントさまご自身が心を抱きしめるお手伝いをすることができるのです。 ヒプノセラピー(前世療法・退行催眠)によって、幼いときの記憶に遡り「なんであの時ママは怒ったんだろう?」「どうしていつも独りぼっちだったんだろう」という体験を再体験して頂きます。

そしてその時のクライアントさまの目でしっかりと状況を見て、肌で感じて、そうして必要であれば対面者の気もちに入って対面者の気もちを知ることもできます(インナーチャイルド)。それはほんとうに可能なのか、と思われますよね。そうです、可能なのです。 人は「納得」すれば、そのお悩みや問題にいつまでも拘ることはありません。「納得」しないから先を見ようとせずに過去の問題ばかりに拘るのです。

ヒプノセラピー(前世療法・退行催眠)で「納得」すると、どんな変化があるか、もうお分かりですよね。もう過去のことに縛られる事なく、未来に目を向けます。いつまでも要らない過去を大切に潜在意識に保存しておくことは、ないですよね?払拭しても、いいですよね?
では、東京近郊でヒプノセラピー(前世療法・退行催眠)は、どこで学べばよいのか?

counseling

あなたもリラックス出産しませんか。

詳しく見る

それはSe a vida e(サヴィダエ)ヒプノセラピー スクール 東京で学び、米国催眠療法士認定資格(ABH)を、わずか10日間で取得可能です。 どんなヒプノセラピースクールでも特長が必ずあります。だからこそ、受講生の皆さまは、ヒプノセラピー スクール選びに悩まれるのだと思います。いかがですか?

Se a vida e(サヴィダエ)ヒプノセラピー スクール東京では、少人数制(6名)での授業を行います。なぜ少人数制(6名)なのか。それは前述のラポール(信頼関係)にあります。

同じ目的で集まった受講生たちであっても、20人も30人もいたら、尻込みしてしまうのではないでしょうか。またその全員とラポール(信頼関係)を結ぶまで、どれだけの時間を要するでしょうか。
そこでSe a vida e(サヴィダエ)ヒプノセラピー スクール東京では、少人数制(6名)として、10日間の授業のうち、セッションする相手(受講生)を毎回変えて、ラポール(信頼関係)を結ぶことを目指しています。

1回の授業で最低2回のセッションがありますから、充分ラポール(信頼関係)を築けます。
また、どうしても日程が合わない方のために、振替授業が可能です。振替授業に別途費用は掛かりません。
10日間で本当に知識と技術が身に付くのか不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。ご安心ください。そのための少人数制(6名)です。

ラポール(信頼関係)を築いてしまえば、あとはテクニックだけです。テクニックといっても難しいものではなく、ご自身がクライアント役をし、ヒプノセラピスト役をする事で、自然と身に付くのです。
そのために、メモを取るだけの授業はしません。ゆったりとソファに座って頂き、メモを取る代わりに実践して頂きます。知識⇒実践、の繰り返しだとご理解ください。そうすれば、11日目からはもう、ヒプノセラピストとして活躍することができるのです。
卒業後、最初に悩むのはヒプノセラピー(催眠療法・退行催眠)を行う場所とホームページだと思います。私もそうでした。私の経験を活かしてSe a vida e(サヴィダエ)ヒプノセラピー スクール 東京では、卒業後のサポートもさせて頂きます。ご安心ください。
皆さまのお申込みを、心よりお待ちしております。

access

Se a vida é(サヴィダエ) ヒプノセラピー スクール 東京は
東京メトロ丸の内線「新高円寺」駅2番出口より徒歩1分です。

Se a vida é(サヴィダエ) ヒプノセラピー スクール 東京

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-20-1 香織ビル4F03-6383-1146
※定休日…不定休(営業日時の詳細はお電話にてご確認ください)

topへ